財団法人 総合初等教育研究所

HOME  教育研究賞

道徳と特別活動の教育研究賞

第34回「道徳と特別活動の教育研究賞」実践論文

平成29年度は下記の要領で実践論文を募集いたしました。

応募申請締切日 平成29年10月31日(当日消印有効)
応募論文締切日 平成29年11月30日(必着)
入賞発表 平成30年2月上旬

過去の入賞者一覧

一般財団法人総合初等教育研究所
〒501-6297 岐阜県羽島市江吉良町江中7-1
TEL:058-398-6633/FAX:058-398-2822

「道徳と特別活動の教育研究賞」設定の趣旨


  今日の学校教育に強く求められているものは,児童が豊かな心をもち,自ら学び,自ら考える力などの「生きる力」を育成することにあります。いいかえれば,それは道徳教育や特別活動の一層の充実,発展にあるといっても過言ではありません。一方,学校現場にあっては道徳教育の充実はもとより,特別活動の指導に日夜真摯な実践研究が営々と積み重ねられ,その成果をあげておられることも事実です。
  当研究所では,道徳教育や特別活動の実践論文を募り,研究を奨励するとともに,その輪を広げ,学校における道徳教育や特別活動の発展に寄与することを願い,「道徳と特別活動の教育研究賞」を設定しています。

 

募集内容と研究対象

  本研究賞設定の趣旨に基づいて,児童の道徳性や道徳的実践の指導,道徳的実践力を育てる研究,または望ましい集団活動を通して自主的,実践的な態度を育てる研究等,優れた道徳教育や特別活動の実践的研究論文を募ります。

研究の対象
  小学校における道徳教育や特別活動の充実に資する実践に基づく研究論文であること。
(1)道徳教育,または特別活動の全体計画や年間指導計画の作成,または改善及び評価にかかわる研究。
(2)道徳の時間の指導,学級活動,児童会活動,クラブ活動,学校行事にかかわる実践的研究。
(3)道徳教育,または特別活動にかかわる学校経営,学年経営,学級経営に関しての実践的研究。
(4)道徳教育,または特別活動にかかわる資料の開発,教材・教具の工夫や開発に関しての研究。
(5)道徳の時間の自作資料の開発研究。(未発表のもの,使用学年・指導案例,考察を付記のこと)
(6)道徳教育,または特別活動における豊かな体験や家庭,地域社会との連携,環境の整備充実等にかかわる研究。
(7)総合的な学習の時間における道徳教育,または特別活動にかかわる研究。

対象部門
  全国の小学校の学校(団体),または教師(個人)を対象とし,次の部門を設定する。
T.学校(団体)の部
  団体の単位は,学校・研究会・研究同人などとし,団体で実践研究されたもの,

 ただし,研究同人については5名以上のサークルとし,それぞれの団体の代表者が明確であること。
U.教師(個人)の部
  教師個人の実践研究であること。

応募規定

(1)応募は各部門とも1団体・1個人1編とします。
(2)雑誌・単行本などに掲載したり,懸賞などに応募したりした論文は除きます。ただし,同人誌・研究発表などの論文はさしつかえありません。
(3)論文は,8000字以上12000字以内とします。

(4)図・表や写真などの資料は,論文構成上必要な最小限にとどめ,本文中に含めてください。別添資料は審査の対象外となります。

(5)論文原稿(参考資料を含む)は返却いたしません。必要があればあらかじめコピーをおとりください。
(6)応募論文の掲載ならびに出版権は,主催者である当研究所に帰属します。原稿論文は当研究所に保存し,有効に活用させていただきます。

審査・表彰
■文部科学大臣賞
  学校(団体)の部・教師(個人)の部の最優秀賞受賞者(賞状)
■学校(団体)の部
  最優秀賞(賞状・奨学金20万円) 1編
  優秀賞(賞状・奨学金10万円) 2編
  奨励賞(賞状・奨学金3万円) 数編
  参加賞(図書カード) 入賞作品以外全編

■教師(個人)の部
  最優秀賞(賞状・奨学金10万円) 1編
  優秀賞(賞状・奨学金5万円) 2編
  奨励賞(賞状・奨学金1万円) 数編
  参加賞(図書カード) 入賞作品以外全編

 
中央審査委員 ―(五十音順・敬称略)

東京成徳大学教授 筑波大学名誉教授 石隈 利紀

日本体育大学名誉教授 元文部省教科調査官 成田 國英

筑波大学名誉教授 目白大学名誉教授 真仁田 昭

城西国際大学講師 元文部科学省視学官 宮川 八岐

●主催 一般財団法人 総合初等教育研究所
●後援 文部科学省
   全国小学校道徳教育研究会
   全国小学校学校行事研究会
   全国特別活動研究会
   全国道徳特別活動研究会
●協賛 株式会社 文溪堂

 

入者賞一覧